スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスメーカーを選ぶ~Cハウスのこと~

Cハウスはモデルハウスを持たない小さな輸入住宅専門ハウスメーカーです。
資料請求した後、2週間に1度くらいの頻度で営業のT氏から電話がかかってきて、とても熱心です。
安全で美しい、本格的輸入住宅を、ローコストで建てられることについて熱く語られ、私の住まいの近所に建てられたおうちの場所を教えて下さり、一度、そっと外観を見てきてほしい、気に入られたら、中も見せてもらえるようにアポイントを取りますので、一緒に見に行きましょう、と言われます。
「来月くらいには伺います。」と言いながらも、我が家から少し遠いこともあり、なかなか話を聞きに行けませんでした。
何度目かの電話で、実はB社のモデルハウスを気に入って、今ラフプランをいただいたところだということを話しますと、「私どもはB社とは何度も競合しておりますが、多くのお客様が私どもで決めて頂いています。完全自由設計だと私どもの方がお安いと言っていただいています。」とのことでした。

家族で支社を訪れ、初めて営業のT氏と会いました。
話を聞いてわかったこと、B社や、その他、私たちが今まで話を聞いてきた会社と全く違うことは・・

・この支社では、営業・設計・発注・コーディネートその他、すべてT氏1人でされていること
・ほぼ完全輸入住宅であること、要するに、建材のすべて、クロス・フローリング・タイル・階段・アイアンや木製の手すり・キッチン・コンロ・食洗器・レンジフードといった細かいものまで、ほぼアメリカやカナダ、ヨーロッパからの輸入品であること
・日本人がイメージして作り出す外観ではなく、実際に欧州または北米に実在する(あるいは過去に実在した)住宅と全く同じスタイルの外観を再現すること
・内部インテリアもそれにふさわしいものを北米や欧州から買い付けてくること(外観と内装の時代背景も同じにしないとおかしいとのこと)

上記の内容にしては、見積もりは確かにリーズナブルなのだと思います。
輸入住宅と謳いながらも、いろいろな国産のものを使うB社とほぼ同じくらいのお値段でした。

けれど、T氏のこだわりはとても熱いのです。
私は正直、自分の好きな外観にしたいだけで、欧州や北米に実在するかどうかなど関係ないのです。
そしてインテリアについても・・外観は重厚な感じが好みですが、内装は自然素材をいろいろと使った素朴だけれど、どこか可愛いのが私の好みです。
外観と内装の時代背景、同じにしたいという希望はありません。
T氏が輸入住宅にふさわしいとされているインテリアは華やかで美しいものでした。
でも、バブル期の高級ホテルや高級レストランを思わせるようなもので、私の好みではないのです。
T氏のこだわりと、私たちのこだわりは、どうやら合いませんでした。

また、一番、気になるのは、モデルハウスがないために、既に建てていらっしゃる方のおうちが資料となること。
私たちに、近所で建てられた方のおうちを教えて下さったように、我が家をCハウスで建てれば、Cハウスで検討している方がそっと外観を観に来られたり、T氏から連絡が入れば、そういった方に家の中を見せたり、ということは避けられないでしょう。
私たちは、不親切なようですが、そういったことはできるだけ避けたいと思っています。
完成見学会はもちろん、施工例として写真をHPや資料に載せたり、といったことも。
そういった場には泥棒の皆さんが情報収集に行かれることも少なくない、という防犯上の理由が大きいですが、それだけではなく、不特定多数の人たちに、私たちの住まいをさらし、良くも悪くも評価される、ということに気が進まないからです。
自分たちがそのつもりでいるので、私たちは完成見学会や、実際のお住まいの見学会のようなものには一切、参加しないことにしています。
けれど、モデルハウスのないCハウスで建てるならば、ぜひ参考に、既に建てた先輩のおうちを見せてほしいですし、そういうことをお願いすれば、私たちも頼まれたら引き受けないわけには行きません。

そういったことから、Cハウスとはご縁がありませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。