FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計のこと。

満開だった桜も散り始め、春爛漫。
夏が来る頃、我が家も完成予定です。

決めるべきことはすべて決まり、購入を検討しているいくつかの家具や装飾品は、完成してからバランスを見て考えよう!とのんびり構えていたら。
夫が、「壁に飾るようなものの大きさや位置を決めないと」と言い出しました。
「そういうのはできてからじゃないとイメージわかないよ」と答えると。
予め時計や絵、ホワイトボードなどの位置を決めて、ピクチャーレールをつけてもらおう、と言い出しました。
1階は塗り壁なので、ピンを刺したりするとひび割れてしまう心配があるとか。
私はゴチャゴチャするのは好きじゃないので、絵やホワイトボードや写真を飾りたいとは思っていませんが、最低限の時計、姿見鏡くらいはつけたく、今週末、位置を決めに現場へ行くことになりました。

そこで急遽、時計をどうするか考えることに。
今の住まいで使っている壁時計は、LDKの鳩時計だけ。
実家の鳩時計がお気に入りのフィフィのために、何年か前のクリスマスに母が贈ってくれたドイツ製の鳩時計。
真っ白でかわいいので、この時計を新居のLDKでも使うことに。
その他、まだ購入していませんが、和室は、おじいさんの古時計のような年代物のボンボン時計がいいな、と前から思っていました。
これは京都の骨董店巡りをして決めたいです。
塔屋部分の小さな応接室には、何となく輸入住宅っぽくていいなぁと思っていた両面時計に決めました。
くるんとしたアイアン飾りのついたの両面時計。
同じようなものが沢山売っているので、決め手がなかったのですが、ついに「これだ!」と思うものを見つけました。
我が家のシンボル、風見鶏のついた両面時計です。
6255244a.jpg
よく見ると、風見鶏ではなく、ただの鶏かもしれませんが。
実は我が家の近所の雑貨屋さんにも風見鶏のついた両面時計が売っています。
その時計を買うか、ずっと迷っていたのです。
というのも、その時計は風見鶏付であることには心惹かれるのですが、時計にピンクの薔薇が描いてあって、乙女ちっくでファンシーな雰囲気なのです。
かわいいものは大好きだけれど、ファンシーすぎるようなものはちょっと苦手だし、我が家の雰囲気には合わないな、と思っていました。
けれど、買わなくて良かったです。
こんな好ましい両面時計に出会えるなんて。
この両面時計には、札幌で出会いました。
おしゃれで落ち着いた男性一人でされていて、とっても美味しい珈琲を出してくれるカフェ。
インテリアもとっても素敵・・とうっとり眺めていたら、この時計が目に飛び込んできました。
一目見た途端に気に入って、どうしてもほしくなり、お店の方に何処で購入されたのか訊いたところ、「普通に楽天で買えますよ、何年か前に買ったから今でもあるかはわからないのですが」と教えて頂きました。
廃番になっていなくて、その上お値段もびっくりするくらいお安くて本当に良かったです♪

けど、壁にピンを刺せないということは、、私は入居したら、キッチンやリビング、トイレなどに流木をぶら下げて植物を飾ったり、ドライフラワーを壁に飾ったり・・ということをやってみたかったけれど、そういうのは難しいのかな。
カフェなどでは塗り壁にたくさんの小さな飾りをつけていますが、あれはどうやっているのか気になります。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。