FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスメーカーを探す。

最初は「できれば」というくらいの希望だったレンガの家。
いろいろなおうちの画像を見ていると、私はやはりレンガの家に大きく心惹かれるのでした。
レンガの他に、レンガと同じくらい、もしかしたらそれ以上?かもしれないくらい、好きな外壁があります。
それは石積みの家、あるいは石(洞窟?)をくりぬいて作った家です。
石は絶対に天然石!
そういったおうちは海外旅行でよく目にしますし、ことに後者の洞窟を利用したホテル・レストランなどでは、天井・壁など自然のままのかたちに漆喰を塗って作ってあったり、調味料や本のための棚やら、飾り棚やらが、石をくりぬいて作られていたりして、そういうところに泊まったりすると、素朴なかわいさ、味わい深さに心が躍ります。
けれど、洞窟やら石をくりぬいた家が日本では非現実的なことは私にもわかります。
石積みはどうだろう?と思いましたが、こちらも私が思い描くような石積みの家を作っているハウスメーカー、工務店は殆どなく、あっても非常に高価らしいので、我が家にはご縁がないとわかりました。
実際、日本でそういった住宅は見たことがありません。
そうなると、やはりレンガです。

近隣の住宅展示場のHPを見ていると、隣町の住宅展示場に、私が思い描くようなレンガの家のモデルハウスが見つかりました。
大きな屋根、ナチュラルな感じのレンガ、写真で見る限り、とても素敵です。
ハウスメーカーB社は私が初めて耳にする会社でしたが、全国展開している輸入住宅専門のハウスメーカーだとわかりました。
更に同じ会社のモデルハウスが近隣にもう一軒あることがわかり、そちらの写真を見てみると・・・
わあああああ!!とテンションが上がりました。
こちらも同じく美しいレンガの家であるばかりか、私とフィフィの夢見る風見鶏がついた塔屋のあるお家だったのです。
こんなモデルハウスがあるなんて、嬉しい驚きでした。
夫に写真を見せると「なるほど、こういうのが好きなのか!確かにカッコイイね。じゃ早速日曜日に行ってみよう!」という運びになりましたが、私は待ち切れず、翌日、一人で外観だけでも見に行くことにしました。
だって、写真では素敵でも、実物は安っぽかったり、チャチだったり、ということも十分、考えられるのですから。

翌日、フィフィが小学校へ、タタが幼稚園に行くと、早速モデルハウスへ。
平日、午前中の住宅展示場は閑散としておりましたが、休日のように呼び込みのスタッフも立っていなかったので、それぞれのモデルハウスの外観をゆっくり観察することができました。
目的のモデルハウスはすぐに見つかりました。
写真通りか、それ以上に美しく、それでいて、どことなく親しみやすい雰囲気を醸し出していました。
「ここでお願いすることになるんだろうなあ」というご縁を感じました。
外観だけを見るつもりでしたが、内装も見たくなり、ドアを開けると、優し気な女性が出て来て、「どうぞご覧ください」と。
平日、午前中に一人で来る女性などは、ひやかしだと思われたのか、夫と巡った他のハウスメーカーのようにアンケート記入を求められたり、飲み物が出て来たり、ということはなく、見学中もついてくるわけでもなかったので、返ってのんびりと見学することができました。
見学している時に、男性のスタッフが出てこられ、気になることがあれば何でも聞いて下さいね、とニコニコと声をかけて下さいましたが、彼もついてまわっては来ません。
熱く熱心な営業さんがどうも苦手な私にとって、心地よい対応でした。
内装はナチュラルな雰囲気で、A社のようなゴージャスな感じではなく、外観ほどではないですが、私の好みに近いものでした。
それに内装というものは、家具や照明、カーテンといったもので随分変わるものなので、外観が好みに合っていれば、内装はどうにでもなる、という気がします。

他のモデルハウスの中には入りませんでしたが、割と好きな家がいくつかありました。
1軒は輸入住宅では有名で私でも名前は耳にしたことがあるSハウス。
私はやはり輸入住宅が好きなのですね。
2軒目は初めて聞くSホーム、こちらは輸入住宅ではなく無添加住宅。
私の好きな自然素材を多用していて、ドアの外からのぞいたところ、内装はB社以上に私好みのようでした。
木と漆喰と石で作る家、とても心惹かれます。
3軒目は近所のモデルハウスで、「1億!」と聞いて驚いた大手A社のもの。
やはりA社のデザインにはどこか惹かれるものがあるのですね。

週末に、家族で再訪し、ゆっくり話を聞かせてもらうのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。