スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてショールームに行きました。

初めて、ショールームに行きました。

標準仕様のユニットバスとトイレを見に行くためです。

私にはショールームに足を運ぶのが面倒だな・・という気持ちがありました。
時間は限られているのに半日つぶれてしまいますし、我が家はバス・トイレにはお金をかけないことに決めています。
大きな理由としては、もちろん節約のためです。
他の理由としては、私が素敵!と思う憧れのバスルームは天然石やタイル、石などでできた造作のバスルームです。
けれども、そういったものは、とてもお金がかかる上、メンテナンスも大変に違いないからです。
そしてトイレに関しては、カッコイイと思うものはあるのですが、そちらも高価な上、ウォシュレットに対応していません。
見た目が素敵で、機能的にも優れている(あるいは機能的には変わらない)、となると、お金がかかっても、何とかしたくなりますが、機能的に使いにくいとなると、美しいというだけのために高いお金をかける気にはなれません。
そう、私はとても面倒くさがりでズボラな性格なのです。

そういうわけで、すべて標準仕様の中から選ぶバス・トイレはカタログの写真だけで決めてもいいのでは?と思ったのです。

ただ、夫は実物を見たいと言いますし。
ショールームでは、先日、カタログを見て気に入った両開きドアも見られることがわかり、行ってみることに。

両開きドアはカタログの写真で見た以上に、とてもカッコ良くて、わぁぁぁと嬉しくなりました。
ハウスメーカーのカタログには掲載されていないドアもたくさんありましたが、気に入ったものはカタログで見つけていたものだけ。
これは運命のドアと言えそうです(そんなに大袈裟にいう程のものではなく、国産の量産品なのですが)。
夫もこのドアが一番好きだとのことで、良かったなぁと思いました。

トイレは、ハウスメーカーの標準のものは、見た目が思った以上に、好みじゃないものでした。
なので、他のものに変更しようかとも思いましたが、今、我が家で使っているトイレの「掃除しにくいなぁ」と日々、思っている箇所をすべてなくした、お掃除しやすさにこだわった構造であることがわかり、それならば、それでいいかな、と決めました。

バス、トイレ共に、ベージュ・ピンク・グリーンなど5つのカラーから選べるようになっていましたが、やはり白が清潔感があって好きでした。
私は全体的に木製のダークブラウンと白、それにアイアンの黒の3色を基調とした色合いが好みです。
素材は、本当は陶器が好きですが、バスは人造大理石、トイレはセラミックです。

オプションは何もつけないつもりでしたが、バスルームに洗濯物を干すバーがついていないことがわかり、それだけはつけてもらうことに。
外干ししない我が家では必需品ですからね。
それから、夫は標準の折り戸がイヤでたまらない、と言い出し、開き戸にしてもらうことに。

時間があったので、ついでに洗面ボウルなども少し見させてもらいました。
B社では標準の洗面ボウルがラウンドなので、オプションになるスクエアタイプ(kohlar社のもの)がカッコ良く見えて仕方がなかったのですが、実はスクエアタイプって、国産のものでもスタンダードなものなのですね。
たくさんスクエアタイプが並んでいる中に、1つだけラウンドのボウルが展示してあると、ラウンドがすごく愛らしくおしゃれに見えたりもしました。
本来の好み、というものは当然あるわけですが、珍しいものをカッコイイと思ってしまうのが人間の性なのでしょうか(それとも私だけ?)。
あとモデルハウス、ショールーム、カタログでの紹介のされ方やコーディネートによっても、ずいぶん印象は変わるんですよね。
それに、おしゃれな方のブログで「これは私のこだわりです!」と紹介されているものはすごく良いものだと感じてしまいます。
そういうものに惑わされず、本当に自分の好みに合ったものを選ぶ、というのは案外、難しいものだと感じる日々です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。