お気に入りの植物。

アーモンドの花に引き続き、我が家の庭も少しずつ賑やかになってきました。

1年目だし、勉強もしていないのですが、何となく頭に描く、理想のイメージはあります。
季節の草花が庭のあちこちに宝石箱をひっくり返したように、色とりどりに咲いていて、でも作りこんだ感じではなく、まるで自然に生えたかのようなラフな雰囲気の庭。
大きな木や、食べられる実なんかもあって、楽しくなる庭。
できれば、雰囲気がナチュラルなだけじゃなく、自然に増えた球根やこぼれ種で、毎年、時期が来たら目を出してくれると理想的です。
私が子供の頃、大好きだった「カーリーおばさんのふしぎなにわ」という絵本のような雰囲気にできたらいいな、と思っています。
何年か後にはきっと。

今週から咲き始めたのはチューリップ。
きちんとした育て方も調べず、ノーブランドのセール品の球根を買い、適当に埋めておいたものですが、とてもかわいく、春らしいです。
IMG_7042.jpg

それから大好きなムスカリは3月中、きれいな色とユニークな形でとても楽しませてくれました。
ブルー系、紫系はほぼ旬を過ぎてしまいましたが、今週になって咲き始めたのがピンクのムスカリ。
ほのかなピンクが何とも言えなく愛らしいです。
IMG_7043.jpg

我が家の庭木は、冬の太陽を遮らないよう、落葉樹が中心です。
数少ない常緑樹の中で、今のところ一番のお気に入りはビバーナムティナスです。
以前、フラワーアレンジメントを習っていた際、青い実がキレイで大好きだったので3本植えてみました。
3本とも日当たりが良くない、我が家の庭の中でもっとも条件の良くない場所に植えています。
それなのに、植えた日から数ヶ月経った今もとても元気だという丈夫さ。
そして冬の間中、緑の葉っぱだけでなく、かわいいピンクのつぼみがずーっとついていて、ライスフラワーのようなのです。
そのかわいいピンクのつぼみが、暖かくなって、少しずつ花開いています。
白いちいさな花のかたまりは、小さな紫陽花のようで、とてもキレイです。
更にこの後は青い実がなるなんて、こんなに1年中、楽しませてくれる木なんて、なかなかない気がします。


スポンサーサイト

3月。

3月に入って、急に暖かい日が増え、寒い日も日差しが明るくなってきました。

我が家の植栽は真冬に行われたため、緑の少ない殺風景な庭でしたが、少しずつ、花が咲いたり、新芽が出たり、庭らしくなってきました。
茶色かった芝生も少しずつ、緑になっています。

今朝はアーモンドの花が咲きました。
IMG_6998.jpg
桜によく似ていますが、ソメイヨシノよりピンクの色が強めでとてもかわいい花です。
昔、冬にモロッコへ行った際、アーモンドの花が満開の季節で、高いところから見下ろすとバラ色の雲が降りているような幻想的な美しさだったことが印象に残っています。
その時から、いつか庭のある家に住む日が来たら、アーモンドの木を植えたいと思っていました。
本当はアーモンドの木をいっぱい植えたい気持ちもありますが、日本の庭木として一般的ではないので、気候が合わない可能性もあると思い、とりあえず1本だけ植えました。
実がなったら嬉しいけれど、私としてはお花だけで大満足です。

8歳のフィフィの夢、小さな家庭菜園もスタートしました。
フィフィは「珍しい野菜を育てたい」という初心者なのに難易度の高いことを言い出しました。
彼が所望したのはレインボーブロッコリーと紫や黄色や白のにんじん。
残念ながら苗が見つからず、種を蒔きました。
それから、ひよこ豆の苗を2本だけ育てています。
フィフィの好きなラズベリー、ブルーベリーは冬の間に苗を植え、かわいい新芽が出てきたところです。
タタと同じ名前のついた夏みかんの苗も植えていますが、こちらは常緑樹なので変化なしです。
夫の夢であるソメイヨシノも1本植えましたが、何と花のつぼみはできず、葉っぱが出ています。

今後の変化が楽しみです。

カウンターチェア。

とても久しぶりの更新になってしまいました。

夏の終わりに引越してきて、秋から冬、とても気持ち良く暮らすことができています。
高気密高断熱の住宅って本当にすごい!
吹き抜けになっているリビングにあるエアコン1台で、1階のLDK・和室・廊下までポカポカになり、2階の廊下もほんのり温かくて気持ちいいです。
夏のエアコンもとてもよく効きました。

まだまだ寒いけれど、日差しが明るく、庭木の新芽も膨らみ、春はもうすぐ。
庭が花や葉っぱでにぎやかになるのはとても楽しみな反面、ついに戸建て住宅の大敵・虫との戦いが始まると思うと・・怖いです。

新生活は何かともの入りですが、必要なものよりも、必要もないのに「置く場所がある」と思うといろいろなものがほしくなって、ついつい無駄遣いばかりしてしまいがち。
無駄に買ったものはさておき、引っ越した時からず~っとフィフィにせっつかれているカウンターチェアー2脚をついに購入しました。
モデルハウスのキッチンカウンターを見ながら、フィフィはカウンターに座って、おやつを食べたり朝ごはんを食べたりするのを「お店みたいで楽しそう」とずっとずっと楽しみにしていたのです。
けど、いざ暮らし始めると、ほしいものはいっぱいあるし、キッチンの真横がダイニングなので、わざわざ狭いカウンターで食べる必要もないし・・・とずっと後回しになっていました。
最近ではフィフィだけでなく、タタもお店ではテーブル席よりカウンター席に座りたがるようになったので、2人を喜ばせようと思い、子供も座りやすいように背もたれ付きで、私好みの古めかしくナチュラル感があってかわいく、ロシアや東欧っぽい雰囲気のものを・・と探したところ、うってつけのものが見つかりました。
チェコ製のオーク材で、アンティークではありませんが、アンティーク風に仕上げてあります。
座面もかわいいです。
IMG_6850.jpg

ついでにロシア製のティーセットとマトリョーシカを並べてみました。
自己満足の世界ですがかわいいです♪
IMG_6852.jpg

クリスマスツリー

今日から12月。
暖かいのに、なんと初雪が降りました!
この辺りでは珍しいことです。
残念ながら積もるほどではなかったです。

リアルクリスマスツリーの夢は来年になってしまいましたが。
階段下にクリスマスツリーを飾りました。

せっかく戸建てに越したのだから、大きなツリーに買い替えようかな?と思っていましたが。
マンションで飾っていた古いツリーを使うことにしました。

数年前に、フィフィが百貨店のクリスマスフェアで一目惚れしてほしがって、夫が購入したヨーロッパのツリーです。
そんなに大きくはないけれど、雪がとってもキレイです。
オーナメントは去年まで使っていたオーソドックスな赤×ゴールドのものではなく、玄関ホールのシャンデリアに合わせて、紫系のものを新しく買いました。
オーナメントが変わると、ずいぶん雰囲気が変わりました。
よく見ると、私の大好きなウサギさんも一羽だけいます♪

FullSizeR (23)

シンボルツリー。

季節はあっという間に変わり、明日からは12月。
クリスマスの季節です。

シンボルツリーに、モミかトウヒなど針葉樹を選び、そこにクリスマスの飾りつけをしたい、と思っていましたが、我が家の外構工事は遅れに遅れ、植栽はなんと来年になってしまいました。

けれど、シンボルツリーは決定しました。

たまたま、最終の打ち合わせに行ったガーデンショップに、イメージ通りの針葉樹があったのです。
形がきれいで、葉っぱが平べったくなく細くって、色はシルバー系、というのが私の思い描くものでした。
正にそれにぴったりで、大きさも頃合いのものがあったので、一目で気に入って、キープしてもらいました。
プンゲンストウヒのホプシーというものだそうです。

とっても楽しみです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR