ミーレの食洗器のこと。

我が家の食洗器はミーレの60cmのものです。

旧宅では、マンションの標準設備だったPanasonicの45cm引き出しタイプのものをずっと使っていました。
特別な不便も感じず、愛用していたのですが。
数年前、遊びに来てくれた友達が、キッチンをリフォームする際、ミーレの食洗器に60cmフロントオープンのものにして、すごくいい、という話を聞きました。
どんな点がすごく良いのかと言えば、大容量なので1日1回しかまわさなくて済む、下洗いしなくてもピカピカになる、大きなお鍋やフライパンも入る、というようなことでした。
確かに我が家は、朝・昼・晩と炊事をする度に食洗器をまわしていて、それでも入り切らない量だったり、大きさだったりしていましたし、水でざっと流してから入れていました。
食洗器とはそういうものだと受け入れていたのです。
でも、その話を聞いて、私も引っ越す際にはミーレの食洗器にしたいと思っていました。

輸入住宅を建てる人は、海外製品が好きな人が多いので、輸入住宅では定番の商品のようです。

実際に使ってみての感想を書きたいと思います。

まず、良かった点。
やはり大容量で1日分が1回で洗えてしまうところですね。
パスタ用の大鍋や特大フライパンなども入ります!
それに確かにピカピカ、つやつやの仕上がりです。
これは食洗器の性能なのか、専用洗剤&リンスの力なのかわかりません。
ただ水洗いに関しては我が家では相変わらずしています。
残飯類が食洗器に溜まると掃除が大変そうなので・・。
フロントオープンは使いにくいですよ、と建築士さんに言われましたが、それについて不便に感じたことはないです。

逆に、残念だと思う点。
専用洗剤&リンスの販売店が限られている上、普通のものより割高なこと。
以上!だと、この間まで思っていました。
切らさないように早めにAmazonで注文すれば全く問題なし、と思っていました。
けれど、実はもう一つ困った点があることに最近、気づきました。
何と、Panasonicでは問題なく洗えていて、「食洗器不可」になっているわけでもない商品なのに、コーティングが剥げてしまうものがいくつかあるのです。
今のところ、フライパンの取っ手と本体の間のネック部分であったり、フライパンの蓋であったり・・・、何だか手にススがつくな、と思っていたら、コーティングが殆ど剥げてしまっているのです。
これは、かなり残念です・・。
あと、ミーレジャパンに何らかの質問や依頼をした場合の対応は遅いです。
ミーレの食洗器をご検討中の方、ぜひその辺りも考慮された方が良いかと思います。

スポンサーサイト

WEB内覧会・玄関ホール&階段

我が家のWEB内覧会、最後になりました。

玄関ホール&階段です。

玄関ドアは、標準仕様で選べるものの種類が豊富で、輸入品から国産品までいろいろなデザインがありました。
輸入住宅だから、輸入ドアが良いだろう・・と最初は思っていたのですが、輸入品よりデザイン・機能、共に気に入ったリクシルのものを選びました。
標準は親子ドアだったのを、両開きに変更しました。
床材は国産品のタイルです。
標準仕様が国産品とイタリア製とありましたが、色味が国産品の方が豊富で気に入りました。
とても気に入ったので、タイルデッキも同様のタイルを使っています。
ニッタイのロマーニⅡです。
照明は旧宅のリビングで長いこと使っていたローラアシュレイのイタリア製シャンデリアです。
すみれ色のドロップ飾りが気にいっています。
IMG_5512.jpg

玄関を入って正面が階段です。
階段下には一目惚れして購入した英国製アンティークのワードロープを置きました。
これだけだとバランスが悪いので、ワードロープ横に飾り椅子でも置こうかと思っています。
IMG_5938.jpg

玄関の右手には小さなシューズクロークがあります。
靴が丸見えになってしまうので、カフェカーテンか暖簾のようなものをつけたいです。
IMG_5928.jpg

シューズクロークの中には、近所の雑貨屋さんで見つけたイタリア製のキーボックスをつけてもらいました。
タイルがとっても素敵です。
IMG_5929.jpg

我が家の階段はサーキュラー階段になっています。
けれど、設計段階ではあまり気づいていなかったのですが、アールになっているのは最初の数段だけなのです。
一般的なサーキュラー階段のように壁がアールにもなっていません。
たぶん間取りや広さの都合なのでしょう。
でも、アールの部分の手すりが両側についていることで、サーキュラーであることが強調されているような気がします。
サーキュラー階段は、普通の階段より大きな荷物が運びにくいのではないか、という心配がありましたが、引っ越し屋さんは「直角より運びやすい」と言っておられました。
Untitled-6.jpg

階段吹き抜け部分の照明は、ガラスのパーツがかわいいフランス製アンティークのシャンデリアです。
我が家の照明は、アンティークとアンティーク風の両方を取り入れていますが、アンティークの方が好きだな、と思うのは、ガラスです。
ガラスの輝きや深み、透明度がアンティークのものは独特の雰囲気があります。
現在のガラスとは材料も製法もずいぶん違い、どちらが良い悪いということはないそうですが、私は昔から古いガラスに心惹かれます。
IMG_5514.jpg

以上、我が家のWEB内覧会でした。

現在は外構工事中で、その後、植木屋さんに植栽をお願いする予定です。
いつか、完成したら、庭や外観のWEB内覧会を追加するかもしれません。

読んで下さってありがとうございました。

WEB内覧会・キッチン

我が家は週末、新居に引越しました。

引越し前までに終了する予定だった、WEB内覧会の続きです。
キッチンです。

我が家のキッチンはHM標準のMERIT KITCHEN、Ⅱ型にしました。
キャビネットは無垢のメープル材、色はダークブラウン。
暗いキッチンにならないよう、他は明るい色を選んでいます。

左側がシンク・コンロ側。
手前の扉は電話台付キャビネット、奥の扉はパントリーです。
床材はマルシカのスペイン製タイル、アヴォーリオという白っぽい色です。
IMG_5572.jpg

カウンタートップはスペイン製サイルストーンのリラ、シンクはディスポーザーの会社規定で、標準の人造大理石が使えなかったため、COMOのカラーステンレス・ホワイト、水栓はデルタ社のタッチ水栓です。
コンロは、ガスコンロでホワイトのガラストップのもの・・という希望で探してもらいました。
コンロ周りは、支給した東欧風のペイントタイルと同じ大きさ・厚みのものでシンプルな白いものを探してもらいました。
このサイズは輸入品ではなかなかないのですが、名古屋モザイクで見つかったスペイン製タイルです。
焼きムラが美しく、とても気に入ったため、同じタイルのブルーを洗面台にも使っています。
レンジフードはナチュラル住宅では定番のYAMAZENクックフードルを注文していましたが、納入時期になってYAMAZENが倒産し、他社への引継ぎ予定はあるけれど時間がかかるとの連絡が入り、急遽、富士工業アリエッタのジリオに変更。
クックフードルの方が優しいアイボリーで、形も武骨で良かったな・・と思っていましたが、使ってみるとジリオの方が良かった気がしています。
というのもクックフードルと違って、音が全然うるさくないからです。
旧宅で使っていた普通のレンジフード(Panasonic)よりも静かなくらいなのです。
IMG_5573.jpg

MERIT KITCHENでは食洗器の扉は作ってもらえないので、「どうなるかわかりませんよ」と設計士さんに言われながらも、似たものをオーダーしてもらいました。
確かに少し色目や木目が違うのですが、パッと見た感じは違和感なく、満足です。
パネル部分も我が家のキッチンにぴったりなハバナブラウンというこげ茶のものを選びました。
旧宅の食洗器より大容量な上、ぴかぴかの仕上がりに大満足です。
IMG_5577.jpg

作業台側のカウンタートップは、コンロ周りと同じタイルにしました。
サイルストーンも好きだけれど、タイルのカウンタートップのナチュラル感への憧れもあり、両方を実現しました。
カフェカーテンはリビング、ダイニングと同じウィリアムモリスのブレアラビットにしましたが、これは失敗だったかもしれません。
暗いし、堅いので・・そのうちレースに替えたいです。
IMG_5582.jpg

かわいい小鳥のタオルホルダーをつけました。
IMG_5579.jpg

冷蔵庫はシンプルなデザインに一目惚れしたmabeのもの。
クラッシュアイスなどもできるのが楽しいです。
国産品のように充実した機能はありませんが、容量は大きく、背が低いところがかわいいです。
IMG_5583 (1)

カウンターの外側には名古屋モザイクのランタン型タイル(国産品)を貼りました。
真っ白にしようかと思いましたが、ホワイト系3色を混ぜてもらいました。
モロッコ風の雰囲気になりました。
IMG_5590.jpg

以上、我が家のキッチンでした。

WEB内覧会・リビング&ダイニング

WEB内覧会、リビング&ダイニングをご紹介します。

和室から写した写真です。
手前がリビング、奥がダイニング、左奥にキッチンがあります。
リビング側だけ吹き抜けになっています。
壁はスノーホワイトの塗り壁、床は寒がりの夫の希望で床暖房を入れたため、標準仕様の輸入無垢材が使えず、床暖房対応の無垢材と突板と迷いましたが、突板に決めました。
床暖房対応といっても無垢材は隙間ができることを防げず、夫が突板を希望しました。
建築士さんが「これはかなりカッコイイです」と勧めて下さったイクタのヴィンテージフロアという0.3mm厚の無垢材を貼ったという突板で、残念ながらダークな色のアルダーやオークがなかったため、ウォルナット材です。
悪くはないですが・・やはりアルダーやオークの方が好きなことは否めません。
夫はとても気に入っている様子です。
リビング側の照明は遠藤照明のスペイン製シャンデリア、大好きな泡入りガラスです。
ブラケットもお揃いです。
カーテンはウィリアムモリスのブレアラビットです。
夫や子供たちの好きな水色で、私が大好きなウサギのモチーフになっている一目で気に入ったカーテンです。
リビング側は我が家で唯一の長いカーテンです。
長いカーテンはそれだけで洋館っぽい雰囲気になりますね。
FullSizeR (20)

ダイニング側は窓が2つあります。
シャンデリアはカナダの照明メーカーMurray Feissのシャトーです。
シルエットの美しさに惹かれました。
FullSizeR (18)

ダイニングの掃き出し窓の両側に収納を造作していただきました。
モデルハウスの収納がカッコイイから、と夫が着工直前になって希望して、似たような感じにしてもらいました。
契約時に、「契約後に収納は何ヵ所増やしてもサービスします」と営業さんが言って下さっていたとのことで、こんな素敵な収納ですがサービスで作って下さいました。
FullSizeR (21)

リビングの掃き出し窓の上にはハーフサークルウィンドウをつけてもらいました。
FullSizeR (19)

何も置いていないと広々して気持ち良いですが、入居後は・・・想像したくないですね。

以上、我が家のリビング&ダイニングでした。

WEB内覧会・カフェルーム

引越しまであと3日となりました。

昨日はチェストやクローゼットの中を見られても恥ずかしくないよう、少しだけ整理し、不要な衣類をごっそり処分しました。

今週はキッチンの食品を減らすため、時間がない緊急事態のための手抜き食品をどんどん使っています。
例えば、お肉にからめてレンジにかけるだけでできるルーロー飯、レトルトのパスタソース、缶詰といったものですね。
お料理に時間がかからず、その分片付けができるので一石二鳥です!

サクサクと勧めているWEB内覧会、今日はカフェルームです。
カフェルームという風に図面に書いてありましたが、私の部屋になります。
1階の塔屋部分の小さな部屋です。
夫が「菫は塔が好きなんだから、そこを部屋にしたらいいよ」と言ってくれました。

塔屋部分に細長い窓が3つ並んでいます。
カーテンはウィリアムモリスのいちご泥棒です。
淡いブルーとネイビーと散々、迷いましたが、オリジナルであるネイビーに決めました。
モデルハウスと同様に窓の下はベンチ型の収納になっています。
そして天井には私の憧れである梁を2本入れました。
本当は古木の梁にしたかったのですが、安全保障などの面で使うことができず、建築士さんが勧めて下さるモデルハウスと同じビニールクロスを巻いたレプリカの梁、というものは好きになれず、無垢材をヴィンテージ風に仕上げてもらったものを使いました。
照明は英国アンティークの品で、ステンドグラスのシェードがついています。
これは新婚時代、大好きだった「時代屋倫敦」という英国アンティーク専門店で一目惚れして購入し、1年間だけ住んでいた古いマンションのリビングで使っていたもの。
今のマンションには天井の高さの都合でどうしても使えず、長いこと物置で眠っていました。
適当な保管だったので、壊れているんじゃないかと思いましたが、無事でした。
IMG_5592.jpg

窓の反対側にはおそろいのブラケット、その横にも英国製アンティークのステンドグラスが1枚入っています。
赤いバラと青いラインが「美女と野獣」のような雰囲気で目に留まったもの。
ステンドグラスの裏はパントリーです。
塗り壁にステンドグラスという私の大好きな組み合わせです。
IMG_5595.jpg

床は、雰囲気的には標準の無垢アルダー材かオーク材がぴったりだと思うのですが、ヘキサゴンのテラコッタタイルをどこかに使いたくて、他に使うところがないので、ここに使っています。
植物をたくさん飾ってインナーバルコニー風にしたいという思惑もあります。
マルシカのスペイン製タイルですが、既に廃番だったので、急いで確保しました。
施工例では2色のタイルを混ぜて使っていて、同じようにするか迷いましたが、少しゴチャゴチャしていたので、1色にしました。
1色とは思えないキレイなムラに大満足です。
IMG_5594.jpg

この部屋の出入り口は2つあり、1つはLDKにつながっています。
ドアはなく、アーチにしています。
IMG_5899.jpg

もう1つは玄関につながるドアです。
友達や親戚ではなく、業者の方との打ち合わせなどで家に上がっていただく、という機会があれば、ここを使う予定なのですが、そういうことは我が家では殆どなさそうです。
けれど、このドアは我が家のドアの中で唯一のオプション、こだわりのドアなのです。
まず、アーチ型のドアというもの自体が少ないのです。
国内のドア工房でオーダーするか、欧米の輸入品を購入するかの、ほぼ2択です。
価格はほぼ同じでした。
(欧米にオーダーする選択肢もあるのですが、それには時間も費用も倍かかります)
とても迷いましたが、オーダーして納得がいかないものができあがってきたら哀しいので、実物をショールームで見ることができた輸入品(カナダ製)のアーチ形ドアに決めました。
ロッキーズコーポレーションで扱っているものです。
更に、私が大好きなアイアンのカールヒンジというものをつけるために、金具をつける彫り込みなしで輸入してもらいました。
本来、使うものと違うヒンジを使うので、いろいろ大変そうでしたが、大工さんが頑張って下さり、おかげさまで大大満足!なドアになりました。
ほぼ、飾りの役割のドアですが・・・見ているだけで幸せな気持ちになります♪
カールヒンジ、ダミーヒンジ、取っ手は英国製で、kirkpatric社というアイアン製品専門の会社のものです。
IMG_5598.jpg

以上、私の部屋でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR